【Yahoo! 共通】商品登録方法

概要

自動出荷したい、また、在庫同期したい商品は事前にシッピーノに登録が必要です。
登録していない商品は「自動出荷対象外」となり、出荷依頼が行われません。

 

登録項目

全7項目あります。
うち、個別商品コードはバリエーションがある商品のみ登録必要な項目になります。

商品登録する項目

商品名*必須
商品名を任意で入力
(Yahoo! に登録している商品名と同一でなくても問題ありません)

ストア商品番号*必須
ストアクリエイター Pro 上の商品コードを入力

個別商品コード
ストアクリエイター Pro 上の個別商品コードを入力

倉庫商品番号*必須
倉庫サービス側に登録されている商品コードを入力
(Amazon:出品者 SKU、ロジザード ZERO・LogiMoPro:商品 ID)

自動出荷 / 在庫同期*必須
する、しない のいずれかを入力
(CSV の場合は「1」⇒する 「0」⇒しない いずれかを入力)

在庫閾値*必須
半角数字を任意で設定(設定不要の場合は「0」のまま保存してください)
(倉庫在庫の出荷可能数が設定した数になると Yahoo! ショッピングの在庫を0にします)

 

Yahoo! 商品コード、個別商品コードの確認 / 設定

こちらでは Yahoo! 商品コードの確認方法と個別商品コードの確認 / 設定方法をご案内します。
個別商品コードはサイズやカラーなどのバリエーションがある商品に存在するコードです。
設定していない場合は登録が必要です。

  • Yahoo! 商品コードの確認方法

ストアクリエイター Pro の [商品・画像・在庫] をクリックします。

「ページ編集」にて、該当商品を選択の上、[編集] をクリックします。

「基本情報」タブ内の「商品情報」にある「商品コード」が Yahoo! 商品コードです。
シッピーノに商品登録する際は「ストア商品番号」の項目に登録します。

 

  • 個別商品コードの確認方法

ストアクリエイター Pro の [商品・画像・在庫] をクリックします。

「ページ編集」にて、該当商品を選択の上、[編集] » [販売用情報] タブへ進みます。

「設定個別商品コード一覧」の「個別商品コード」が表示されていればOKです。
シッピーノに商品登録する際は「個別商品コード」の項目に登録します。
未設定の場合は以降の手順で設定します。

 

  • 個別商品コードの設定方法

「スペック・オプション、在庫」の [確認・変更] をクリックします。

「オプション項目名」に任意のバリエーション名を登録し、「在庫」にチェックを入れたら [項目値設定] をクリックします。
例では「オプション項目名」はカラーと入力しています。

「オプション値」にバリエーションの種類を入力し、[登録] をクリックします。
例ではブルー、ブラックの2種類を入力しています。

[登録 / 在庫設定へ] をクリックします。

任意の文字列で「個別商品コード」を入力し、「在庫数を超えた注文」にて「注文不可」へチェックを入れたら [登録] をクリックして完了です。

 

 

登録方法

1件ずつ登録する(WEB 上で入力)

商品管理一覧 » 商品登録する連携を選択 » +新規追加 

 

初めて商品登録する方は動画もご覧ください。

CSV で一括登録する(登録数が多い場合はこちらを推奨)

注意

追加で商品登録する場合は、過去に登録した商品情報を CSV ファイルに含めた状態でアップロードしてください。
追加分のみ登録された CSV ファイルをアップロードすると過去に登録した商品情報は上書きにより削除されてしまいます。

 

商品管理一覧 » 商品登録する連携を選択 » ダウンロード

商品登録後、アップロード » ファイルを選択 » アップロード

「商品情報を更新しました。」と表示されたら成功です。

 

 

補足

CSV ファイルを Excel で文字化けさせずに開く方法をご案内します。

・Mac の場合

Excel を立ち上げ、「データ」タブより[テキストファイル]をクリックします。

CSV ファイルを選択し[データ取り出し]をクリックします。

「区切り記号付き – コンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択し、[次へ]をクリックします。

「区切り文字」にて[カンマ]を選択し、[次へ]をクリックします。

「選択したデータのプレビュー」のスクロールバーを右に移動します。

キーボードの「shift」キーを押しながら右端の項目をクリックします。
全ての列が黒く選択されていることを確認してください。

「列のデータ形式」より[文字列]を選択し、[完了]をクリックします。

「既存のワークシート」を選択し、[OK]をクリックすると CSV ファイルが Excel で正しく表示されます。

 

・Windows の場合

Excel を立ち上げ、「データ」タブより[テキストまたは CSV から]をクリックします。

CSV ファイルを選択し、[インポート]をクリックします。

「区切り記号」にて[コンマ]を選択し、[データの変換]をクリックします。

文字化けしていないことを確認し、[閉じて読み込む]をクリックします。

CSV ファイルが Excel で正しく表示されたことを確認し、「Sheet1」を削除します。

「Sheet2」のファイルの種類を[ CSV コンマ区切り]にして保存します。

CSV ファイルが正しく保存され、完了です。

 

初めて CSV で商品登録する方は動画もご覧ください。

 

メール便設定

倉庫が FBA 、もしくはストアがネクストエンジンの場合は対象外です。

1件ずつ登録する(WEB 上で入力)

メール便で発送したい場合は「可」を選択する

※以下で受注確定した場合はメール便出荷されません。

  • 配送方法が「宅配便」
  • 支払方法が「代引き」

※ネクストエンジンでは以下ご注意ください。

 ネクストエンジン上の発送方法がそのまま適用になります。

CSV で一括登録する(登録数が多い場合はこちらを推奨)

メール便可:半角数字、1 を入力
メール便否:半角数字、0 を入力

以下で受注確定した場合はメール便出荷されません。

・配送方法が「宅配便」
・支払方法が「代引き」

※ネクストエンジンでは以下ご注意ください。

 ネクストエンジン上の発送方法がそのまま適用になります。

 

役に立ちましたか?
はい いいえ
1人中0人が役に立ったと言っています。